いぼの種類で治療は変わる【局所麻酔を施して痛みも感じずに治療】

美容外科で受けるメリット

男性医師

費用に見合う結果を得れる

いぼ治療の種類は多くあり、状態や希望によって適している方法は違います。色々種類がある中で美容外科クリニックで多く行われている方法にレーザーを用いた施術があります。炭酸ガスレーザーという水分に反応するレーザーを照射して、いぼを組織ごと除去する方法です。周囲の肌への負担や出血も少ない施術で、治療後も綺麗に仕上がる特徴があります。人気な施術方法ですが健康保険は適用されません。いぼはできる部位によっては見た目を悪くしてコンプレックスの原因にもなります。美容目的で取り除く場合に美容外科クリニックのレーザーは適していますが、費用は一般的な保険適用内の方法よりも高くなる傾向にあります。クリニック毎に自由に料金設定ができるので差は出てきますが、全国の相場では1mm程の大きさを取り除くのに3000円程が平均になっています。大きくなればなるほどに費用も高くなり、また数によっても変わってきます。こうした事から、いぼを発見した場合は増えたり肥大したりする前に、早期に治療を受ける事で費用も状態も抑えられます。一般的な施術方法である液体窒素により凍結術は保険適用であり、3割負担で診察料も含めて1000円程です。比較すると高くなりますが、何度も通う必要はなく1回の治療で取り除ける事や、痛みがなく綺麗に仕上がる事からレーザー治療を選択する方が増えています。いぼを綺麗に取り除く事ができる背景には、美容外科クリニックは見た目を改善する事を目的としているからです。一般的な病院では、疾病の治療が目的となり、見た目の改善より治癒や再発防止に力を注ぎます。この目的の違いが、結果の違いを生む事になります。そうは雖も、どの美容外科クリニックでも良いという事ではありません。結局は施術する医師の腕に掛かっている事に違いはないのです。自分に適した美容外科クリニックを選ぶ為には、ネットや雑誌の情報だけで判断せず、自ら確認する事が大切です。他者には合っていても自分には合わない事も往々にしてあります。では自分で確認する方法とは何なのでしょうか。1番の手段は複数の美容外科クリニックに受診してみる事です。病院で行われるのとは少し違う、カウンセリングと言う問診があります。このカウンセリングはどの美容外科でも実施されています。自費診療なのでトラブル回避と希望を叶える為に必ず実施されており、大半のクリニックで無料で実施されています。このカウンセリングの際に、医師からいぼの状態や希望に適した治療手段を説明してもらえます。複数受ける事で自分に合う治療方法を見つける事ができ、信頼できる医師やクリニックを選別する事ができます。選ぶ際は丁寧に説明してくれたり、技術保証がしっかりあったりする事が最低条件と言えます。同様に、施術する医師が相応に症例数をこなしているかも技術の裏付け確認になります。