いぼの種類で治療は変わる【局所麻酔を施して痛みも感じずに治療】

美容外科で検討中の方に

男性医師

医師の確認も必要

皮膚が隆起したりできものができた場合、それはいぼである可能性が高いです。放置していても命の危険はありませんが、もしそのいぼがウイルス性によるものだったら、家族や友人に感染する可能性もあります。その為早期に医療機関に相談する事が推奨されています。いぼを治療する場合、皮膚疾患なので皮膚科に通う事が一般的です。現在は治療方法も多くなり選択する事ができる様になっています。傷跡や治療跡を残したくない場合は、美容整形外科クリニックが適しています。美容整形外科クリニックを選択する場合、状態や希望によって内容は異なりますが、レーザー治療が主流です。そのレーザーも複数種類がありますが、多く使用されているのが炭酸ガスレーザーです。炭酸ガスレーザーはいぼの水分に反応するタイプで、その水分を蒸散させた際に除去する方法です。皮膚へのダメージは軽く、施術跡も残り難い特徴があります。ダウンタイムも短く身体への負担も軽いのがレーザーの利点と言えます。炭酸ガスレーザー以外にも皮膚科で受けられる治療も受けられますが、美容整形外科クリニックは綺麗に見た目を改善する機関です。その為、皮膚や身体に負担を掛けず、いかに綺麗にいぼを取り除くかに注力しますので、基本的にレーザーが提案されます。綺麗に跡を残さずいぼを取り除く事が叶う美容整形外科クリニックは全国に沢山あります。それだけ日本の美意識も高まり、ニーズが多い事を意味します。実は美容整形という科目を医師が学ぶ事はありません。医大や研修医時代に美容について学ぶ事はないので、現在美容整形外科クリニックにいる医師は全てそのクリニックや業界に移って初めて学びます。美容整形外科はエステなどと違い、治療するのは全て医師です。安心ではありますが上記の様に美容整形外科については医師になって初めて学ぶので、良く聞く医師の腕に左右される事が起きます。美容整形外科でいぼ治療方法の主流であるレーザーも、一般的な病院で使用する機会は少ないです。こうした背景から、美容整形外科クリニックで受ける場合は、クリニック選びが重要になります。全国に多く存在しているので、検索すると大概通える範囲にクリニックはあります。インターネットの発達によりホームページを作っていないクリニックはほとんどないので情報を得る事は容易です。その際確認しておくべき点として、医師の経歴が挙げられます。美容整形外科クリニックでどの位経験があるのかや、症例数なども掲載されている場合が多いので確認しておくと信頼できる技術を有しているかわかります。以上の様にどこでも同じというわけではない事を知っておく必要はあります。